• かばさわ洋平

【速報】土気踏切問題当初の5月廃止は見直しへ!244名の署名と共に廃止方針撤回を千葉市に要請しました




土気踏切廃止当初5月廃止見直しへ!

本日、地元住民の皆さんと土気踏切廃止の撤回を求める要望書と署名244筆を、千葉市道路計画課に提出し、廃止方針撤回を要請しました。

私からは地元から寄せられる声として、車の通行止めは理解するが、歩行まで止められると生活の支障が大きいという声が多数であるため、244名の署名や地元住民の声を受け止めて踏切廃止を撤回すべきと求めました。

参加した住民からは「踏切の歩行や自転車では事故が起きていない」「看板の文字があまりに小さく高齢者には見えない、改善すべき」「迂回する大網街道の方がむしろ危険、歩道整備こそ急いでほしい」など、土気踏切を存続してほしいと要望しました。

市は「反対の声が多いことを受け止め、5月に廃止する当初の方針は見直す。今後はアンケートや説明会のあり方など検討して、引き続き踏切のあり方の検討を続ける」と回答しました。

本日の千葉日報一面でも報じられるなど、大きな問題となっています。5月の踏切廃止を止めたことは貴重な前進ですが、完全なる方針転換ではありませんので引き続き地元の声を届けていきます。