top of page
  • 執筆者の写真かばさわ洋平

グラウンド拡張した川口市幸町小学校とさいたま市動物愛護ふれあいセンターを視察

グラウンド拡張した川口市幸町小学校を視察!


UR住宅敷地返還に伴い、児童数が700名を超える状況で、国の面積基準を満たしていないことから、グラウンド拡張工事を昨年度実施。運動会は3部制のもの、保護者が観覧できるスペースや新たに整備された遊具など、子ども達の運動能力向上が図られているとのことでした。




水はけの心配不要なゴムチップウレタン舗装も新たな遊具整備箇所はクッション性が高い仕様になっていました。児童数の変化に応じて教育環境を整備していく姿勢に学び、地元の誉田東小学校グラウンド拡張提案に活かしたいと思います。




次に視察したのは、さいたま市動物愛護ふれあいセンターです。その名の通り、動物とのふれあいを大切にする体験会などを開催することや、子ども達も動物愛護を学べる環境を整備していました。




なお、さいたま市は猫の去勢不妊手術の助成事業を展開しており、地域の動物病院での手術に、去勢手術は4000円、不妊手術は8000円の助成を行っています。




千葉市としても地域での犬猫活動していただく市民への支援のあり方再検討や拡充を引き続き求めていきます。

Comments


bottom of page