top of page
  • 執筆者の写真かばさわ洋平

児童発達支援事業所のうんどうことばの教室を視察しました!

児童発達相談体制の強化を!



今日は鎌取駅近くおゆみ野3丁目にある4月に開所された児童発達支援事業所「うんどうことばの教室」を視察しました。理学療法士が常駐している事業所で運動を主体とした療育を展開、また育児で疲れている母親への支援なども行なっているとのことでした。




千葉市療育センターの検査や相談待ちの期間が長いため、地域に支援事業所につなげられる発達相談体制や3歳検診などの発達相談体制の強化など、様々な要望の声が寄せられました。




これまで私としても発達障害支援強化を繰り返し議会で求め、今年度から子ども発達相談室の開設に向けた準備がスタートしています。ご相談にあたる専門家を市が直接雇用して療育センターとは別に相談に応じる体制となります。



言葉の遅れなど早期の発見、早期療育が重要です。地域で気軽にお子様の発達相談や支援にあたれる体制の充実を引き続き求めていきます。



うんどうことばの教室では、毎月お子様も楽しめるイベントを開催しているということですので、お子様の発達の相談などあればご相談ください。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page