top of page
  • 執筆者の写真かばさわ洋平

北九州市地域公共交通無料1日無料デーの取組を視察!

北九州市地域公共交通無料1日無料デーの取組を視察!



コロナと物価高騰の影響を受け、外出を控えるようになった市民への支援や環境にやさしい公共交通の利用促進として、市内の公共交通に無料で乗れる「北九州市地域公共交通市内1日無料デー」を実施した北九州市を視察しました。




国の臨時交付金を活用して7200万円をかけて実施した施策ですが、3日間で58万人が利用、前年比同時期の約2倍、継続的な利用促進に一定寄与したこと、マイカー削減も6%減でCO2削減効果、さらには無料デーで外出した経済波及効果は約3.5億円、市有施設来館者も1.4倍増加など、様々な効果が上がっています。



また75歳以上に市営バスをお得に利用できる定期券も販売していることやバス事業者支援でコミュニティバスなど運行する場合に車両の購入補助もして地域公共交通維持にも取り組んでいることは重要です。



千葉市としてもバス路線廃止や減便が続くなかで、求めてきた事業者への運賃補助を新たに今年度から対応するものの、バスなど公共交通利用促進に向けたさらなる施策展開が必要です。地域公共交通の維持や利用促進に向けたさらなる施策を提案したいと思います。

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page