top of page
  • 執筆者の写真かばさわ洋平

旧千葉外房有料道路の市原市平面交差点拡幅と感応式信号機設置を求める要望署名を提出!

 

旧千葉外房有料道路の市原市交差点の拡幅と感応式信号設置を求める要望署名を提出!

 

旧千葉外房有料道路の市原市の平面交差点の拡幅と感応式信号機設置を求める市長宛要望書と署名164筆を地元住民と共に提出して早期対応を要望しました。3月に市原市に要請を行った際に、大網街道バイパス道路である越智町土気町線の整備もあるため二重投資となる懸念が示されたため、改めて千葉市に対して越智町土気町線の早期整備と共に、交差点の拡幅と信号機改良を速やかに実施できるよう対応を求めました。


 

市からは「越智町土気町線については今年度大藪池までの区間の予備設計を行う予定。今後整備内容やスケジュールなど市原市に正確な情報提供を行い、市原市による交差点拡幅に向けて協力していく」と回答がありました。越智町土気町線の整備にはまだ相当の年月がかかるため、市原市交差点改良を速やかに図れるよう対応を求めました。

 

他にも、地元住民から近隣の条例指定道路の舗装要望やカーブで見通しが悪いためスピード抑制対策を求めて、市も「注意喚起の対応を検討する」と回答がありました。



私からは、外房有料道路無料化による交通量増加の影響として辺田十字路近くの交差点でも危険性が高まっているため信号機改善を要望し、さらには渋滞が増加している平山大橋交差点の改良、大宮IC出口の渋滞改善策についても対応を要望しました。引き続き、地元の皆さんと共に住みよいまちづくりへ安心安全なまちづくりの実現に取組みます。

 

댓글


bottom of page