top of page
  • 執筆者の写真かばさわ洋平

松竹氏除名問題について




党内で意見せずに、安保政策変えたいから党首公選制で私が党首になりたいはアウトです!


松竹氏の除名処分を朝日新聞や毎日新聞が社説で批判しており、困惑している方も多いので私の考えも述べます。日本共産党を応援してくださる方に党首公選制を要望する声があることは事実ですし、少しでも日本共産党が前進してほしいという思いも重々理解しています。





しかし、今回の松竹氏は党首公選制を党内で意見も上げず、いきなり本を出して批判、しかも本質的目的は日米安保条約堅持・自衛隊合憲という党の綱領と違う安保政策への転換であり、そのために党首になりたいということを主張されています。


党の聞き取りで、松竹伸幸氏は、自身の主張を党内で中央委員会などに対して一度として主張したことはないことを指摘されて、「それは事実です」と認めました。日本共産党の規約では、中央委員会にいたるどの機関に対しても、自由に意見をのべる権利を保障しています。異論があればそれを保留する権利も保障しています。


どんな組織であれ、一定の規約やルールに縛られます。会社員が会社の内部で製品批判せずにいきなり、製品批判本を出したら、どうなるでしょうか。賠償問題にも発展しかねない事態です。


今回の件でもっとも深刻なのは、朝日新聞や毎日新聞のメディア報道です。私も党員やサポーターなどで投票して党首を選ぶということをかつては中央委員会に意見したこともあります。ですが、その意見をもって除名されていません。党内で異論は認められていますし、自由に意見もできます。そうした事実を伝えないで、異論を排除するというストーリーありきで本当のことを伝えないメディアは本当に問題です。


大メディアが社説で自分達が思うことを受け入れない政党を社説で事実と違うかたちで批判すること、日本共産党ならなんでも批判していいとなることは本当に危険です。


戦争前夜に日本共産党潰しが起きることは歴史をみても繰り返してはならない事実ですが、今回の異論封じで除名ということは事実に反するため、繰り返し真実を伝えて、党内のことは自分達で徹底的に議論して決めるという当たり前を貫くことや、何よりも統一地方選に勝利するためにも全力を尽くしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page