• かばさわ洋平

6兆円で実現できる子育て・教育の無償化



ウクライナ危機に乗じて日本の軍事費を、11兆円に倍増せよという自民党が政府に提言しました。日本の現在の軍事費は現在5兆円で世界9位ですが、11兆円となる場合は米国、中国に次ぐ世界3位の軍事大国になります。しかし増額する6兆円の財源は不明であり消費税3%増税分に相当し、更なる社会保障の削減も推し進められるでしょう。





今朝の赤旗に「6兆円で実現できる子育て・教育の無償化」という記事がありました。6兆円あれば、大学や高校の完全無償化や小中学校給食費の無償化は可能です。


現在の出生率1.3では、人口は今後100年で半減する見通しが示されています。日本は少子化進行で、個人消費の5割をGDPで占める国のため大きく経済も縮小し、行政運営や社会保障の維持も困難となるのは明らかです。


今こそ本気で人口減少の深刻な問題に目を向け、教育・子育てへの予算拡充する政治への転換が必要です。参院選で意志を示しましょう。