• かばさわ洋平

高校生まで子ども医療費無料拡充した神戸市を視察しました!

子ども医療費無料化の更なる拡充を!



今日は市議団のあぐい議員と神戸市を訪れ、子ども医療費助成制度について視察しました。神戸市では昨年より入院費無料化を高校生まで拡充しました。また、医療費助成制度も上限400円で月2回までの回数制限を行っています。





高校生の入院費用は平均6万円近くとなることから多額となるため無料化したとのことで財源は約5千万円です。回数制限は兵庫県の制度に準じて決めてきたとのことです。

千葉市は子ども医療費での薬局負担を年内で唯一実施しており子育て施策に逆行し続けています。まずは薬局負担を無料化させて、現状の通院は回数制限を導入することを繰り返し提案してきました。






ようやく千葉県が実施する方向性を示したものの、回数が6回目以降と千葉市の利用者を当てはめるとわずか0.3%と、ほぼ無意味な政策となりつつあります。少なくとも2回というライン設定をして持病のあるお子さんが安心して医療にかかれるよう、また高校生までの拡充含めて議会で求めていきたいと思います。